エアコン 冷房 除湿機

【除湿は電気代が安い?】エアコンの除湿の種類と電気代は? 冷房と除湿って何か違うの?再熱除湿って何?

夏のエアコンシーズンになるとよく話題に上がるのが除湿についてですね。

こんな風に思っている方もきっと大勢いるはずです。

そこで、このページではエアコンの除湿について簡単にまとめておきたいと思います。

エアコンの除湿の種類

エアコンの除湿には・・

①弱冷房除湿

②再熱除湿

この2つの種類があります。

 

弱冷房除湿

「除湿」って言ったらこっちをイメージする方が多いんじゃないでしょうか?

冷たい風の出てくる除湿ですね。

ちょっとだけ涼しくしたい場合に除湿を使う方もいるんじゃないかと思います。

この除湿の正体はただの弱い冷房です。

冷房運転を行うと、室内機の内部の金属が冷たくなります。

そこで湿気が結露させ、受け皿で回収→屋外に排出 というのが除湿の仕組みです。

夏に冷たいコップを置いておくと、結露して周りに水滴がたくさんつきますよね?

これと同じことが室内機の中で起こっているわけです。

このように、室内機の中が冷たくなっていれば除湿はできるわけですから、

冷房運転でも、除湿運転でも除湿はできるんです。

除湿=冷房

と思ってもらってもOKです。

じゃあ除湿と冷房は何が違うかといえば・・

▶︎冷房は設定温度に近づけることを優先

▶︎除湿は室内機の中が冷たくなりさえすれば良い

こんな違いがあります。

室温を下げる目的で使うのが冷房で、湿気をとる程度にちょっと冷房するのが除湿ということになりあM酢。

ですから、設定温度高めにした時の弱い冷房と除湿は同じということになります。

別々のことをしているわけではないんですね。

 

弱冷房除湿のメリット・デメリットは? 

弱冷房除湿はその名の通り、弱く運転した冷房です。

⭕️メリットは・・

▶︎弱く運転しているので比較的電気代が安い

❌デメリットは・・

▶︎冷房なので、それほど室温が高くない梅雨の時期などは肌寒くなる場合も・・

電気代は安いものの、ただ除湿するだけということはできません。

冷たい風も必ずセットになるのが弱冷房除湿です。

逆の言い方をするなら、涼しくしても大丈夫な時なら除湿運転ではなく、冷房運転をしていても湿度は下がるわけです。

 

再熱除湿とは?

主に中級〜高級なエアコンの一部には再熱除湿という機能が備わっているモデルもあります。

その名の通り、冷たくなった風を再び温めるから部屋に戻す除湿方法です。

 

部屋の空気を冷やして結露させる→冷たくなった空気を室温程度まで温め直して部屋に出す。

これが再熱除湿です。

 

再熱除湿のメリット・デメリット

⭕️メリット

室温がそれほど高くない時に使っても肌寒くなりにくい
 

❌デメリット

比較的高価なエアコンにしか搭載されていない

弱冷房除湿に比べると電気代が高い

室温を下げずにただ湿気をとることができるのが再熱除湿のいいところですね。
 

ところで再熱除湿の話題になると・・

こんな心配を持つ方もいるかもしれません。

でも大丈夫です。

再熱除湿ができるエアコンは普通の弱冷房除湿もできます。

室温を下げたく無い時と、下がってもいい時で使い分けが可能ということですね。

 

 

電気代の差は?

弱冷房の除湿よりも再熱除湿の方が電気代は高くなることをお伝えさせてもらいました。

そうなると気になるのが電気代の差ですよね。

ところが残念ながら再熱除湿を使用した時の具体的な消費電力はカタログなどには書いていないんです。

過去に東京電力が行った実験によると、1時間あたりの電気代は・・

弱冷房除湿 約4円

再熱除湿 約15円

エアコンの冷房の最小運転がだいたい150wくらいの消費電力で、これで約4円の電気代になります。

弱冷房除湿はそのままそれが当てはまる感じですね。

再熱除湿の場合は温めるためにさらに10円くらい電気代を使っている格好なんですね。

そんなわけで、電気代節約のために除湿にする時は弱冷房を使うのが適しているということになりそうです。
 

再熱除湿搭載のおすすめエアコン

最後に再熱除湿を使うことのできるおすすめのエアコンを紹介させてもらいたいと思います。

基本的にパナソニックやダイキンは再熱除湿は採用していません。昔はあったんですけど、震災後の電力逼迫があって以降やめてしまったんですね。

そんなわけでメーカーとしては三菱・日立・富士通あたりがおすすめとなります。

 

リビングにおすすめ

日立Xシリーズ
RAS-X40J2

おすすめポイント

凍結洗浄&ファンロボで清潔キープ

くらしカメラで賢く快適

室内機の内部がステンレス加工されている上に、内部の熱交換器は凍結洗浄、ファンはブラシでお手入れと清潔性が高いエアコンとなっています。

また、くらしカメラというセンサーを備えているおかげで、人や物の位置を把握して上手に空調を行ってくれます。

 

三菱 Zシリーズ
MSZ-ZW4019S

おすすめポイント

ムーブアイで無駄なく省エネ

外せるボディで中までお手入れOK

センサーを使って無駄なく省エネといえば、三菱ムーブアイが実績も知名度も一番じゃないでしょうか。

ムーブアイセンサーで部屋や人の温度を把握し、快適はキープしつつも自動で無駄な電気代カットしてくれるようになっています。

さらに今年は外せるボディ採用でいろいろなパーツを簡単に外してお手入れが可能となっています。今まではできなかったエアコンの中の方まで手入れできちゃうんですね。

室内機内部は防汚コーティングされてはいるのですが、自分でお手入れしてもいいという場合にはさらに清潔に使うことができますね。

 

寝室におすすめ

日立 Wシリーズ
RAS-W28J

おすすめポイント

凍結洗浄搭載

見張っておやすみ機能

再熱除湿採用で一番手頃な価格のモデルといえばこちらになるんじゃないでしょうか。

しかも凍結洗浄やステンレスクリーンシステムもしっかり搭載されています。

また、このモデルには見張っておやすみモードがあります。

冷房運転をタイマーで止める方って多いと思うのですが、夜中に暑くて目が覚めちゃうこともありますよね。

見張っておやすみモードならタイマーで運転が切れた後も、室温の上昇を感知した場合には運転を再開してくれるんです。

それでまた室温が下がったら一時停止してくれるんですね。

「冷房つけっぱなしも不安だし、かといって暑くて起きちゃうのも嫌だし・・」

こんな時にぴったりの機能ですね。

 

まとめ

質問の多いエアコンの除湿についてまとめてみました。

簡単におさらいして起きますと・・

よく使う除湿と冷房は同じもの

冷房をすれば湿度も下がる

湿度を下げるなら室温も下がる

室温を下げずに除湿できるのが再熱除湿

再熱除湿は比較的電気代が高く、採用されているエアコンも一部だけ

こんな感じになっています。

梅雨時期のジメジメ対策を、エアコンの除湿でという風に考えている方は再熱除湿機能のついたエアコンがおすすめです。

以上、エアコンの除湿についてでした。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ちょっとでも役に立ったら嬉しいです。

 

 

 

 

-エアコン, 冷房, 除湿機

Copyright© 偏頭痛販売員の家電ブログ , 2020 All Rights Reserved.